5.さあライブハウスデビューだ!

それぞれのライブハウスの特色を意識しよう
 自分で歌をつくるようになったら、ライブハウスに出演しましょう。「簡単に言うなよ!」という声が聞こえてくるかもしれませんが、基本的には申し込んで、ライブハウス側にOKしてもらえれば、誰だって出演は可能です。ただ、たくさんあるライブハウスの中で、どこを選べばいいかわからないということはあるでしょう。
 ライブハウスにも流派(?)というのか、それぞれに特色はあります。アコースティック系(電子楽器を使わない生音中心の音楽)のアーティスト中心のライブハウス、ロックバンド系などです。音楽レベル的にも、厳正なオーディションが設けられているところや、特にオーディションもなく、希望すれば誰でも出演できるところまで、さまざまなライブハウスがあります。

 また、人口の多い都市部にはいろんなタイプのライブハウスがあっても、郊外へ行くとその数は限られるでしょう。そんな中でも、自分に合いそうなところを探してみましょう。今はネットで検索すれば、簡単にヒットします。ライブハウスのウェブサイトに行けば、だいたい出演者募集のエントリーページがあります。また、バンドや楽器の練習で使用する貸しスタジオや、CDショップなどに置いてあるフライヤー(チラシ)も、気にかけてみるとよいでしょう。

 

ライブは気持ちのいい店員さんのいるハコで
 ライブハウスに行くと、店員さんがいます。その人たちとうまくやっていけるかどうかも、ライブハウス選びの上で大切なポイントです。音楽が好きで一家言持つライブハウスの関係者には、ひと癖ある人物も少なくありません。どこの世界も同じですが、「こっち(出演者)は(人を動員する)客だぞ」と言いたくなるような、はっきり言って、『嫌な奴』も多いです。『嫌な奴』ではなくても、いいかげんなところも少なくありません。また、人間関係ですから、お互いウマが合わないということもあるでしょう。
 こればかりは付き合ってみなければわかりませんが、気持ちよくライブをやるには、実はここがいちばん重要だったりします。自分が良いと思う関係者がいるライブハウスなら、類は友を呼ぶというくらいで経験上、対バン(共演)するアーティストにも『嫌な奴』は少ないと思います。ライブは気持ちのいい店員さんのいるハコ(演奏する場所)で。ここはしっかりこだわりましょう。

 

チケットを買ってもらえば自分もプロと同じ
 こちらはプロではなくても、ライブハウスのほうは多くがそれで生計を立てている、その道のプロです。当然ですが、お金のやり取りが発生します。ライブハウスは、だいたいチケットノルマを設定しているところがほとんどです。実質的な出演料です。たとえば、あるライブハウスだとチャージ(チケット1枚)1500円~2000円として、ソロ(一人)での出演は5枚、2人ユニットの場合は8枚、3人以上は10枚といった設定になっています。それを超えれば、チャージバックといって、自分にも何%か支払われることになるケースが多いでしょう。お客さんには、そうした事情は関係ないわけですから、自分はプロではないといっても、それ相応の責任を伴います。演奏をがんばることもそうですが、集客にも力を入れなければいけません。ノルマ分は自腹を切ればいいのだろう?というようなことでは進歩がないですし、他の出演者にも失礼です。
 ライブハウス側も、出演者の努力にあぐらをかくだけではなく、集客の努力をすべきですが、そういう視点に欠けるところは意外に多くあります。後でトラブルになって、気まずい思いをしないように、あらかじめ条件もしっかり確認しておきましょう。そうした点も、なんとなく意識しながら、自分に合ったライブハウスを見つけてください。
 次は、初めてライブハウスへ出演するための心得をお話ししたいと思います。

あべこう一/アワプラジオ オフィシャルウェブサイト
あべこう一/アワプラジオ オフィシャルウェブサイト
あべこう一ブログ
あべこう一ブログ
あべこう一チャンネル
あべこう一チャンネル